1. トップページ
  2. 居住者の皆さまへ
  3. 季刊誌「ライフカフェ」
  4. Vol.15
  5. 特集 「ハンドメイドの灯りを楽しむ」

季刊誌 「lifecafe」

ハンドメイドの灯りを楽しむ

植木鉢にベイリーフを貼ってやさしく光を通すファイバークラフトを丸めてランプシェードに!

素焼きの植木鉢の穴にソケットを入れて、まわりを粘土で埋めて固定させ、シェードは、ファイバークラフトをくるっと丸めて、植木鉢にセットするだけでできあがり。羽根や、葉脈など、お好みのものを張り付けると、雰囲気が出てきます。

流木の穴にストッパー付きのランプを仕込んでできあがり!

穴がぼこぼこ開いた流木をそのまま生かした手作りランプは、ストッパー付きのランプをそのままいれるだけ。やわらかな自然の灯りに和みます。

クレヨンで彩色したカラフルなカード型キャンドル

キャンドルのベースになるワックスに好みの色のクレヨンを削って加え、バットに薄く(2~3mm)流し入れて、ワックスが八分がた固まったら、4×4cmの正方形にカットして、中心に竹串で穴を開け、ロウソクひもを通せばできあがり。

使い終わったキャンドルを削ってリサイクル!

耐熱のグラスにロウソクひもを立てて、使い終わったキャンドルをカッターで削って入れるだけ。手で軽く押さえながら詰め込み、表面はふんわり盛れば美しく仕上がります。

いつまで見ていても飽きないドーナツ型キャンドル

深めのバットに大小の丸形の型をセットしておき、円と円の間にクレヨンで着色したワックスを流し入れ、固まったら型からはずし、キリで穴を開けて、ロウソクひもを通します。上の部分が溶け始めて、やがて下に炎が降りていくさまは見応えありです。

注意!
手作りランプは、電球のワット数やシェードの素材によっては発火の危険もありますので、必ず電気店及びDIYショップにご相談ください。キャンドルをともす場合は、まわりに燃え移りそうなモノを置かないように注意しましょう。また、その場を離れるときは必ず火を吹き消してください。

ページトップへ