1. トップページ
  2. 居住者の皆さまへ
  3. 季刊誌「ライフカフェ」
  4. Vol.19
  5. 特集 「秋野菜で免疫力を高める!」

季刊誌 「lifecafe」

「秋野菜で免疫力を高める!」

里芋
「いもぐすり」といわれ炎症を抑える働きが

里芋のぬめりに含まれるムチンが消化を促進し、便秘や下痢を解消し、気管支炎やのどの痛みも和らげる。

胃腸を温め体力アップ葉にもビタミン効果

消化酵素でおなかにやさしい野菜として知られる。ビタミンA、B、Cとカルシウムが豊富な葉の部分も使い切りたい。

かぶ
きのこ類
食物繊維たっぷりガン抑制効果も注目!

食物繊維が有害物質を吸着して排出。きのこ特有の成分が免疫細胞を活性化させ、ガンの発生を抑制する働きも。

強力な抗酸化力で免疫機能を高める

熱に強いビタミンCとβカロテンが含まれ、高い抗酸化作用で抗ガン効果も期待される。

さつまいも
なす
熱をさまし高血圧やのぼせを防止

「秋なすは嫁に食わすな」ということわざがあるように、食べ過ぎると体を冷やすが、発熱や炎症には効果的。

粘膜の抵抗力を高め細菌から体をガード

βカロテンが豊富に含まれ、細胞を傷つける活性酸素を取り除き、細胞の損傷を防ぐ。

にんじん
じゃがいも
高いビタミンC効果で風邪を予防する

豊富に含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくく、風邪の予防や美肌にも高い効果が。

9月が旬の新しょうが発汗・解熱作用あり!

平安時代は貴族の風邪薬として珍重された薬用野菜のひとつ。ハチミツを加えれば咳やのどの痛みにも効果的。

しょうが
ごぼう
食物繊維効果で発ガン物質を排出

ごぼうには水溶性の食物繊維がたっぷり含まれ、老廃物を吸着・排出。肉が好きな人には特にお勧め。

滋養強壮効果で昔から薬用されている

消化が良く、胃腸の調子を整え、食欲増進、疲労回復などの効用があり。

山芋
ページトップへ