季刊誌 「lifecafe」


南北に細長い日本列島、文化の違いがそのままお雑煮のお椀の中に表れています。
お正月のお椀に中には懐かしい故郷が詰まっています。
北から南まで、その地方独特の風土の中で育まれた伝統の味を紹介します。

参考文献/「お雑煮100選」(女子栄養大学出版)

 
お雑煮北から南味比べ

いちばん大きな違いはお餅の形。石川県・岐阜県から東は角餅、西は丸餅。
まさに関ヶ原の決戦さながらに、東と西でくっきり角と丸に分かれます。
そして、角餅県ではすまし汁が多く、丸餅県では味噌汁とすまし汁に分かれますが、なぜか南に行くほどすまし汁に戻り、味噌派は関西に集中。
   
 

京菓子 京みずは 京菓子 京みずは
秋田
焼き角餅・すまし汁 鶏やごぼう、しいたけ、なめこ、しめじ、ふき、せり、ぜんまい、姫たけ、ねぎなど山の幸が盛りだくさん。
長崎
焼き丸餅・すまし汁 アゴだしの風味に白菜とブリ、焼きアナゴ、結び昆布に柚子を添えて、海の幸を上品にいただきます。

京菓子 京みずは 京菓子 京みずは
東京
焼き角餅・すまし汁 具は鶏肉に小松菜、にんじん、大根、かまぼこを彩りで加える程度、具をゴチャゴチャ入れないのが東京風。
京都
煮丸餅・白味噌汁 丸餅よりも大きな頭芋や海老芋、小芋などをすべて丸く皮をむき、すべて丸くまとめるのが京都風。

京菓子 京みずは 京菓子 京みずは
新潟
煮角餅・すまし汁 かつおのすまし汁に大根、にんじん、里芋、焼き豆腐、長ねぎに鮭といくらの彩りがきれいなお雑煮。
島根
煮丸餅・すまし汁 塩味のすまし汁にゆでた丸餅に甘くない煮あずきをのせるのが正式だが、今では甘いぜんざいをのせる家が多い。

京菓子 京みずは 京菓子 京みずは
三重
煮丸餅・すまし汁 ハマグリのお吸い物にお餅が入った伊勢ならではのお雑煮。大根、しいたけ、里芋、彩りは大根の葉とにんじん。
長野
焼き角餅・味噌汁 味噌の国らしく、きのこや大根、にんじん、鶏肉など具だくさんの味噌汁といった感じのお雑煮です。

   
ページトップへ